きゅうぶんにほんばし 25 わたりきらぬはし
旧聞日本橋 25 渡りきらぬ橋

冒頭文

一 お星さまの出ていた晩か、それとも雨のふる夜だったか、あとで聞いても誰も覚えていないというから、まあ、あたりまえの、暗い晩だったのであろう。とにかく、あたしというものが生まれた。 戸籍は十月の一日になっているが、九月廿八日だとか廿九日だとか、それもはっきりしない。次々と妹弟(きょうだい)が生まれたので、忘れられてしまったのか、とにかく、露の夜ごろ、虫の音のよいころではあるが、あい

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 旧聞日本橋
  • 青蛙房
  • 1971(昭和46)年5月15日