はせがわしぐれがさんじゅっさいわかかったら
長谷川時雨が卅歳若かつたら

冒頭文

女人藝術(げいじゆつ)は、美人(びじん)揃(ぞろ)ひである。(私(わたし)が、獨身(どくしん)であつたなら!)中(なか)でも、時雨(しぐれ)さんは、美人(びじん)である(多分(たぶん)、女性(ぢよせい)は美人(びじん)であるといはれることを喜(よろこ)ぶにちがひない、と私(わたし)は信(しん)じてゐるのだが——)それからまた、生粹(きつすゐ)の江戸(えど)つ子(こ)は、ただの江戸(えど)つ子(こ)

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 直木三十五全集 第14巻
  • 示人社
  • 1991(平成3)年7月6日