ししゃのしょ
死者の書

冒頭文

一 彼(カ)の人の眠りは、徐(シヅ)かに覺めて行つた。まつ黒い夜の中に、更に冷え壓するものゝ澱んでゐるなかに、目のあいて來るのを、覺えたのである。 した した した。耳に傳ふやうに來るのは、水の垂れる音か。ただ凍りつくやうな暗闇の中で、おのづと睫と睫とが離れて來る。 膝が、肱が、徐ろに埋れてゐた感覺をとり戻して來るらしく、彼(カ)の人(ヒト)の頭に響いて居るもの——。全身にこはゞつた筋が、僅

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 死者の書
  • 角川書店
  • 1947(昭和22)年7月1日