きつねものがたり
狐物語

冒頭文

四國のある山の中に、おもしろい狐がすんでいました。 いつも、ひとりで歩くことがすきでしたが、ある雨の日、いつものように餌をあさってぼつぼつ歩いていますと、男の子が四五人、がやがや話しながら山を下っていました。 狐は、時々人間をみたことがあったし、人間は二本の足で立って歩いているので、狐は珍らしくて仕方がないのです。狐のおかあさんは、「人間のところへ行くとひどいめにあうから、人間

文字遣い

旧字新仮名

初出

底本

  • 童話集 狐物語
  • 國立書院
  • 1947(昭和22)年10月25日