おとうさん
お父さん

冒頭文

1 僕はおとうさんが好きです。 おとうさんは、まるい顔をしています。このあいだ軍隊からかえってきました。僕は三年もおとうさんと会わなかったのです。おとうさんは、僕が寝ているうちにかえってきました。お土産に熊の仔を貰いました。熊の仔は、黒い木で刻んだものです。おとうさんは北海道に行つていたのです。 いつも僕は六時に起きて、妹や弟とおかあさんのお手伝いをするのですけれど、その

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 林芙美子全集 第十五巻
  • 文泉堂出版
  • 1977(昭和52)年4月20日