きりのふじ、つきのふじ
霧の不二、月の不二

冒頭文

不二より瞰(み)るに、眼下に飜展(ほんてん)せられたる凸版地図(レリイヴオ・マツプ)の如き平原の中(うち)白面の甲府を匝(め)ぐりて、毛ばだちたる皺(しわ)の波を畳(たゝ)み、その波頭に鋭峻(えいしゆん)の尖(とが)りを起(た)てたるは、是(こ)れ言ふまでもなく金峰山、駒ヶ嶽、八ヶ嶽等の大嶽にして、高度いづれも一万尺に迫り、必ずしも我不二に下らざるが如し、不二は自らその高さを意識せざる謙徳の大君な

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 日本の名随筆58 月
  • 作品社
  • 1987(昭和62)年8月25日