がくしゃとめいよ
学者と名誉

冒頭文

木村項(きむらこう)の発見者木村(きむら)博士の名は驚くべき速力を以て旬日(じゅんじつ)を出ないうちに日本全国に広がった。博士の功績を表彰(ひょうしょう)した学士会院(がくしかいいん)とその表彰をあくまで緊張して報道する事を忘れなかった都下の各新聞は、久しぶりにといわんよりはむしろ初めて、純粋の科学者に対して、政客、軍人、及び実業家に譲らぬ注意を一般社会から要求した。学問のためにも賀すべき事で、博

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 漱石文明論集
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1986(昭和61)年10月16日