はかせもんだいのなりゆき
博士問題の成行

冒頭文

二月二十一日に学位を辞退してから、二カ月近くの今日(きょう)に至るまで、当局者と余(よ)とは何らの交渉もなく打過ぎた。ところが四月十一日に至って、余は図(はか)らずも上田万年(うえだかずとし)、芳賀矢一(はがやいち)二博士から好意的の訪問を受けた。二博士が余の意見を当局に伝えたる結果として、同日午後に、余はまた福原(ふくはら)専門学務局長の来訪を受けた。局長は余に文部省の意志を告げ、余はまた局長に

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 漱石文明論集
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1986(昭和61)年10月16日