したきりすずめ
舌切りすずめ

冒頭文

一 むかし、むかし、あるところにおじいさんとおばあさんがありました。 子供(こども)がないものですから、おじいさんはすずめの子を一羽(わ)、だいじにして、かごに入(い)れて飼(か)っておきました。 ある日おじいさんはいつものように山へしば刈(か)りに行って、おばあさんは井戸(いど)ばたで洗濯(せんたく)をしていました。その洗濯(せんたく)に使(つか)うのりをおばあさんが台

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 日本の神話と十大昔話
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 1983(昭和58)年5月10日