あわじにんぎょうざほうもん そのげんじょうとゆらい
淡路人形座訪問 其の現状と由来

冒頭文

一、地元踏査 一月十日雪の後の睛れやかな明石海峽を渡つて洲本へ上つた。同行三人、榊原紫峰君と青年畫家の片山君。とつつきに遊女町があるのも古い港の情趣であらう。既に夕闇が迫つゐるので外出を斷念した。地圖をひろげて明日の踏査のプランを考へ、曉鐘成編「淡路國名所圖會」その他を調べて二三準備をするにとどめた。 同夜は宿を頼んだ同好の士島醫學士の厚意に依つて、特に三條村から操座を招いて、同家

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 芸術民俗学研究
  • 福村書店
  • 1959(昭和34)年3月1日