ワンダ・ブック――しょうねん・しょうじょのために――
ワンダ・ブック――少年・少女のために――

冒頭文

訳者のことば 「ワンダ・ブック」A Wonder Book for Boys and Girls, 1852. は「少年少女のために」書かれたものではありますが、それがために調子をおろしてかかったようなものでないことは、作者ナサニエル・ホーソン Nathaniel Hawthorne, 1804—1864. が、その「はしがき」で述べている通りです。ホーソンはアメリカ文学史上、一二をあらそう大作

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • ワンダ・ブック
  • 岩波書店、岩波文庫
  • 1937(昭和12)年9月1日発行