くまのあしあと
熊の足跡

冒頭文

勿來 連日の風雨でとまつた東北線が開通したと聞いて、明治四十三年九月七日の朝、上野から海岸線の汽車に乘つた。三時過ぎ關本驛で下り、車で平潟(ひらがた)へ。 平潟は名だたる漁場である。灣の南方を、町から當面の出島をかけて、蝦蛄(しやこ)の這ふ樣にずらり足杭を見せた棧橋が見ものだ。雨あがりの漁場、唯もう腥(なまぐさ)い、腥い。靜海亭(せいかいてい)に荷物を下ろすと、宿の下駄傘を借り、車

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 現代紀行文学全集 北日本編
  • ほるぷ出版
  • 1976(昭和51)年8月1日