しにたいして
死に対して

冒頭文

「めんどくさい、死ぬんだ」 胸をしっかりおさえて居た手を椅子のひじかけの上になげ出して男は叫んだ。心で力一っぱいさけんだけれど声には出せなかった。 そしてその死ぬんだと口ばしったことを又□□□((三字不明))の考るようにうなだれて自分の足を見つめた。いろいろなかわった射げ(ママ)きをうけてみだれにみだれ、高ふんしにしぬいた若者の心は今にも狂いそうになって居る。辛うじて、身もだえをし

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 宮本百合子全集 第三十巻
  • 新日本出版社
  • 1986(昭和61)年3月20日