あしぶえ(ひとまく)
葦笛(一幕)

冒頭文

人物  精霊    三人  シリンクス ダイアナ神ニ侍リ美くしい又とない様な精女(ニムフ)  ペーン   マアキュリの長子林の司 こんもりしげった森の中遠くに小川がリボンの様に見える所。 春の花は一ぱいに咲き満ちてしずかな日光はこまっかい木々の葉の間から模様の様になって地面をてらして居る。あまったるい香りがただよって居るおだやかな景色。 三人の精霊がねころんだり、木の幹によっか

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 宮本百合子全集 第二十八巻(習作一)
  • 新日本出版社
  • 1981(昭和56)年11月25日