めばえ
芽生

冒頭文

鴨 青々した草原と葦の生えた沼をしたって男鴨は思わず玉子色の足をつまだてて羽ばたきをした。幾度来てもキット猫か犬に殺されるものときまった様な自分の女房は十日ほど前にまっくろな目ばかり光る魔の様な黒猫にのどをかみきられて一声も立てずに死んでしまった。たった一人ぼっちのやるせない体を楓の木の下にすえてこの頃メッキリ元気のなくなった鴨は自分の昔の事を悲しいつらい気持で思いかえした。 「己は若

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 宮本百合子全集 第二十八巻(習作一)
  • 新日本出版社
  • 1981(昭和56)年11月25日